メール便可 正規品 NGK 定番のお歳暮&冬ギフト エヌジーケー マジェスティ125 逆輸入 ストックNo:4578 決算特価商品 CR7E スパークプラグ 標準プラグ ~#039;06

メール便可 正規品 NGK エヌジーケー マジェスティ125(逆輸入)(~#039;06) 標準プラグ CR7E スパークプラグ ストックNo:4578

/domineering1327863.html,NGK,正規品,スパークプラグ,CR7E,標準プラグ,エヌジーケー,メール便可,394円,ストックNo:4578,concentusquartet.com,車、バイク、自転車 , バイク , 点火系パーツ,マジェスティ125(逆輸入)(~#039;06) 394円 メール便可 正規品 NGK エヌジーケー マジェスティ125(逆輸入)(~#039;06) 標準プラグ CR7E スパークプラグ ストックNo:4578 車、バイク、自転車 バイク 点火系パーツ /domineering1327863.html,NGK,正規品,スパークプラグ,CR7E,標準プラグ,エヌジーケー,メール便可,394円,ストックNo:4578,concentusquartet.com,車、バイク、自転車 , バイク , 点火系パーツ,マジェスティ125(逆輸入)(~#039;06) メール便可 正規品 NGK エヌジーケー マジェスティ125 逆輸入 ストックNo:4578 ★決算特価商品★ CR7E スパークプラグ 標準プラグ ~#039;06 394円 メール便可 正規品 NGK エヌジーケー マジェスティ125(逆輸入)(~#039;06) 標準プラグ CR7E スパークプラグ ストックNo:4578 車、バイク、自転車 バイク 点火系パーツ メール便可 正規品 NGK エヌジーケー マジェスティ125 逆輸入 ストックNo:4578 ★決算特価商品★ CR7E スパークプラグ 標準プラグ ~#039;06

394円

メール便可 正規品 NGK エヌジーケー マジェスティ125(逆輸入)(~#039;06) 標準プラグ CR7E スパークプラグ ストックNo:4578

| おすすめポイント
【NGKプラグの特徴】
超「ワイドレンジ」プラグです。
中心電極は、多量の熱を素早く逃がすよう、先端近くまで銅を封入した「銅芯入り」構造となっています。
これにより、焼けにも、くすぶりにも強い超「ワイドレンジ」プラグを実現しています。
銅芯入りプラグと銅芯なしプラグの熱特性を比較すると、銅芯入りプラグは熱特性・耐汚損性に優れ、熱範囲が広くなっています。

| 商品詳細
ストックナンバー:4578
形状:ネジ型
サイズ
ネジ径:φ10.0mm
ネジ長さ:19.0mm
六角二面幅:Hex 16.0mm
NGK品番:CR7E
タイプ:レジスタープラグ
熱価:7

| 適合車種
YAMAHA マジェスティ125(逆輸入)(~'06) 必要数:1本

※商品は1本の価格となります。車両のマイナーチェンジ等により適合番数が変更となっている場合があります。お買い求めの前に、必ず車両に使用されている番数をご確認ください。
※商品画像はイメージとなります。
※多店舗での販売も行なっており、欠品により取り寄せまでのお時間を頂く場合もございます。ご了承下さい。



メール便可 正規品 NGK エヌジーケー マジェスティ125(逆輸入)(~#039;06) 標準プラグ CR7E スパークプラグ ストックNo:4578

バイクの基本整備として購入しました。やはり経年劣化する消耗品は早めに交換するのが良いと思います。
カーショップで購入するより、お安く購入出来、大変気に入りました。
国旗についての物語
政府は5月15日の閣議で、ニュージーランドの自治領だった南太平洋の島ニウエを国家として承認することを決定した。ニウエからの要請を受けて検討した結果、国家として承認することになった。 ニウエの国旗 日本が国家として承認した […]
きょう、2015年5月16日付の朝日新聞夕刊に、51年前のオリンピック組織委で国旗の検査をしている写真が出ている。木下、出口、村瀬の3嬢と私(頭のみ)が映っている。 前田記者が先日、拙宅にお越しくださり、長時間取材された […]
4月22日に施行された改定「大使館設置法」により、これまでグルジア共和国と呼んでいた国をジョージア共和国と呼ぶことになった。黒海東部に接し、南カフカズ地方にある。 ジョージアの国旗 日本での同様の呼称変更は、ミャンマー( […]
各国それぞれに国旗があるように、「日の丸」は日本の国旗だ。 4月15日付の朝日新聞は「国旗国歌 大学への不当な介入だと」以下のように社説で掲げた。 「学問の自由」が保障されない社会に未来はない。「大学の自治」はそのための […]
新年明けましておめでとうございます。 旧年中は小欄をご愛読いただき、またいろいろお世話になりました。衷心より厚く御礼申し上げます。 おかげさまで、私が主宰するユーラシア21研究所は昨年9月にウラジオストクで5回目のフォー […]
「国旗おぼえうた」というCDを友人がお送りくださいました。 引地達也さんという方の作詞で、矢野デイビッドという人が歌っているものです。引地さんは毎日新聞や共同通信で働いた方で、数年前、国旗普及協会をつくろうと一緒に仕事を […]
暮れから正月のテレビ番組表を見ると必ず出てくる1つが新撰組に関わるもの。 そこで連想するのがバーレーンとカタールの国旗。コンピューターで少し旗の図を回転すると、こんな具合になる。 新撰組の隊旗 バーレーンの国旗 カタール […]
国旗には、しばしば相対的にデザインが決まった例がある。イタリアの国旗はナポレオン・ボナパルトが18世紀の末、イタリア地方に遠征した時、言うならば「与えた旗」。四分五烈していたイタリア半島にイタリア王国という一応の統一国家 […]
ヨーロッパの国旗で星がすぐわかるのは、ボスニアヘルツェゴビナ(BH)とコゾボの国旗だけ。古くはオスマントルコの旗の星を、近くはアメリカの「星条旗」を意識してのこととされる。 ボスニア・ヘルツェゴビナの国旗 コソボの国旗 […]
メニュー